私たちについて

TOP > WHAT'S DOCAN > ABOUT US

About us

わたしたちは武蔵野美術大学の視覚伝達デザイン学科でソーシャルデザインを学んでいる学生です。
本学科3 年生のうち20 人からなるわたしたち環境デザインのクラスでは
3 月11 日に起きた東日本大震災を受け、「デザインが震災後の日本の復興に対してできること」を考えて実際に東北に行き実践することで学んでいきます。

プロジェクトは国内外の大学や機関と連携しながら進められます。
特にデザインに関しては実際に社会で活躍しているデザイナーがアドバイザーについてもらい、学生たちは社会に通用するデザインを学んでいきます。

2013年も実際に東北を訪れ、デザインで解決すべき課題から考え、4つのプロジェクトが進められています。

 

Our concept

Domain・・・
デザインのちからで世界を変える
Mission・・・
ひとりひとりが自分の生活に対して責任を持って暮らすようになること
Message・・・
あらゆる環境はそこで生活している生活者一人一人によって構成されています。わたしたちは、環境や世界を変えていくためには生活者一人一人の日常に対する責任感を高め、 従来の意識を変えていくことが必要だと考えました。
3 月11 日以来日本では想定外という言葉が議論を呼びましたが、日常と非常はいつでも 隣り合わせの関係にあります。
自分たちの生活、環境の責任者であるわたしたちが常に 想定外に対する意識を持ち続けるために、デザインのちからで何ができるのでしょうか。

Our career

2011年度 AXIS 金の卵展出展

六本木PechaKucha Night プレゼンテーション

毎日新聞掲載

JAGDA東北地区大会出席