IDEA SOURCE

TOP > IDEA SOURCE > 72時間の街づくり

日本だけでなく、世界のデザインやプロジェクトを紹介しています。
72時間の街づくり
1,580 views

設立者兼共同ディレクター ケレン・ハルブレヒト
     >> ウェブサイト

時期 : 10/2010 -
場所 : イスラエル バトヤム市
プロジェクトに必要な費用 :
必要な参加者数の規模 :

私たちの任務は、街を72時間で変えること。’
"72 Hour Urban Action (「72時間の街づくり」)"は国際的な、建築とデザインの祭典です。イスラエルのバトヤム市で開催された「景観都市計画ビエンナーレ」(TIME 2010)のメインイベントとして実施されました。地域のニーズに、時間制限や厳しい予算をプラスに利用し応えることを目標としています。学生、デザイナー、建築家、芸術家、職人など異なるメンバーが120名参加し、10チームに分けられます。各チームには丸3日(72時間)が与えられ、開始と同時にランダムに与えられた課題に対し、その時間内で計画を立て実行してもらいます。選ばれた作品は壊されたり撤去されたりせずに、その土地に残されます。

参加資格
1. 都市計画に興味がある方なら誰でも申し込むことが出来ます。建築家、芸術家、デザイナー、研究者、住民等々。
2. 個人の方、団体の方、どちらも受け入れています。団体や組織に所属している必要はありません。
3. 私たちは、多様な専門分野を結合したチームになるようなコラボレーションを勧めています。

公募するプロジェクトの種類
1. 公募で決められたテーマに沿ったプロジェクトを応募します。
2. プロジェクトを進める対象となる場所が明確に示されたプロジェクトを好みますが好ましいです。
3. 地元の住民の参加を含むプロジェクトが好ましいです。
4. 提案には単数、複数の市街地を対象とすることができます。
5. 「都市活動」がキーワードです。私たちは都市空間に置く物体そのものよりも、都市空間の使い方の選択肢に興味があります。

各プロジェクトの展示
1. プロジェクトで出来上がった作品は制作された場所で任意の期間残されます。
「一時的」なプロジェクトと「常設」プロジェクトの関係を調査するための一環として、プロジェクトは短期間の活動として終わるものもあれば、長期間残される建造物となる場合もあります。
2. 前回のビエンナーレのイベントは2010年10月でした。イベント開催中に、12ヶ月間の計画・発展・制作の結果が披露されます。
3. 発展と制作のプロセスは、選抜されたプロジェクトが発表された時点からすぐに開始となります。
4. 「一時的」として計画されたプロジェクトは、イベント開催期間中のみの展示となります。

プロジェクトの予算
1. 承認された提案は、最初の計画・発展の為の予算が得られます。
2. 最初の予算はプロジェクトの内容によって異なり、最高額は2,000ドルです。
3. 追加として、詳細な予算計上書を提出することが出来ます。これに基づいてビエンナーレチームと自治体により追加の話し合いが行われます。
4. 宿泊費・旅費も、計画者の必要に応じ、予算に計上することが可能です。
5. 最終的な予算は、選抜されたプロジェクトの数、地方自治体の用意した資金、外部の団体とのコラボレーションにより決定されます。
6. 2008年のビエンナーレによると、予算はグループにつき2,500ドルから100,000ドルの間になると見積もられています。