デザインの事例紹介

TOP > IDEA SOURCES

日本だけでなく、世界のデザインやプロジェクトを紹介しています。
ALL
並び替え : 新着順 | 費用順 | 参加人数順

(English) Green Map is a map showing the environment of a town by an icon. And each Green Map is a local project, created by people who live or work in the community.

read more >>
プロジェクトに必要な費用 :
必要な参加者数の規模 :

2,378 views

車などに装着されているエアバッグや、ヘルメットは事故の際に衝撃から身を守るとても大切な装備です。これはスカーフにもなる頭部専用エアバッグ「Hövding」です。 自転車事故用に開発されたもので、衝撃を感知した時に膨らみ、首や頭を守ります。 また「Hovding」はUSBで充電できるようになっています。 この装置は「ブラックボックス」を搭載していて、センサーの最後の10秒間をバッファーに常に保持し、衝撃の際に保存します。通常時の情報も集約されて、ソフトウェアの性能向上に利用されます(エアバッグをUSBポートに接続すると、自分のデータをアップロードできる)。 安全性も重視したいが、ファッションにもこだわりたいという場合によいのではないでしょうか。普段は襟の中に収納でき、襟のデザインもさまざまに変えられます。

read more >>
プロジェクトに必要な費用 :
必要な参加者数の規模 :

2,968 views

13.
ETE

ETEとは、南アフリカで作られ、オランダで売られるディナープレートのことである。 そこには食材の分類ごとに食べるべき適切な量の示された線がひいてあるため、普段食べ過ぎなオランダの人々は食事を適切に食べるようになり、南アフリカで作ることで、貧困に直面した人々の生活の自立と経済の活性化がはかれる。

read more >>
プロジェクトに必要な費用 : ★★★
必要な参加者数の規模 :

2,517 views

“MENSCHenLICHter” は公共の場所や公園用の街灯のデザインです。人と同じくらいのサイズと人間のような形でによって、人間同士のような一体感が生まれると同時に、明確なサインランゲージによってポジティヴなメッセージを発信します。 また、LEDライトをコントロールすることによって、色をつけたり、明るさを調節し、人の感情へ影響を与え、ムードづくりをすることができます。“MENSCHenLICHter”のように身の回りのものがよりクリエイティブで良いデザインであることにより、人びとの感情や振る舞いへよい影響をもたらし、よりよい社会へ変えていきます。

read more >>
プロジェクトに必要な費用 : ★★★★
必要な参加者数の規模 :

1,274 views

私たちの任務は、街を72時間で変えること。’ "72 Hour Urban Action (「72時間の街づくり」)"は国際的な、建築とデザインの祭典です。イスラエルのバトヤム市で開催された「景観都市計画ビエンナーレ」(TIME 2010)のメインイベントとして実施されました。地域のニーズに、時間制限や厳しい予算をプラスに利用し応えることを目標としています。学生、デザイナー、建築家、芸術家、職人など異なるメンバーが120名参加し、10チームに分けられます。各チームには丸3日(72時間)が与えられ、開始と同時にランダムに与えられた課題に対し、その時間内で計画を立て実行してもらいます。選ばれた作品は壊されたり撤去されたりせずに、その土地に残されます。

read more >>
プロジェクトに必要な費用 :
必要な参加者数の規模 :

1,505 views